ホーム >
デイライト DRLコーディングレスキット!
2017/08/26 18:42:01
谷口です。<(_ _)>

若干、吹く風に涼しさを感じるようになりましたが、

まだまだ暑いですねぇ(^-^;

もうしばらく暑さと戦いましょう(-_-;)


さて、今回はV60に装着させていただきました、
ERST DRLコーディングレスキットの取付をご覧いただくのと、
その特徴を再度お話しさせて頂きたいと思います。

まずは、キットの内容です。

左に見えるのが左右のポジションランプに割り込ませるハーネスです。
右の黒いボックスが本体ユニットとなります。
袋に入っているのは電源用のヒューズボックス。

ポジションランプのカプラーへのアクセスは車体下側からでないと無理ですので、リフトアップが一番やり易いですが、
スロープやリジットラックで車体の前方を浮かせて、寝て身体が入ればできます。

そして、エンジンアンダーカバーではなく。
バンパー中央のプレートを外します。
次に左のヘッドライトを外しますよ。
電源を取り出すために
ヒューズボックスの蓋も取り外しておきます。

電源用ヒューズはこのように

ユニットはウォッシャータンクに貼り付け
割り込みハーネスと接続してハーネスをポジションと接続します。

文書で書くと簡単ですが、バンパー内に付くポジションランプの
カプラーが非常に取り外しにくい造りです。
バルブの交換などが必要ない設定ですので仕方ないですね^^;

カプラーさえ分離出来れば、あとは接続するだけで点灯します。

ERST DRLコーディングレスキットは、
コーディング(コンピューターのプログラム変更)が必要なく
デイライトを点灯させることの出来る商品です。

デイライトって手元で付けたり消したり出来ないんですよね。
ERST DRLコーディングレスキットも手元で付けたり消したりは
出来ないようになっています。

ただ、キャンプに行ったり、夜空の星を観に行ったりなど
ナイトシーンで車のエンジンは掛けていたいけど、
デイライトが眩し過ぎて邪魔!!
周りの人に迷惑が掛かってしまう〜・・・
なんて事もあるでしょう。

ERST DRLコーディングレスキットなら設定変更で
デイライトの点灯をON・OFFする事が可能です。

設定変更も本体を分解したり、別スイッチの必要もありません。

これは非常に便利です。設定の変更をしない限り
ON設定ではデイライトはエンジンを掛け直しても点灯し続けますし、
OFF設定ではデイライトは点灯することはありません。

消していたいときに消せることが出来る!
それがERST DRLコーディングレスキットの非常に便利な
特徴でしょう\(^o^)/

現在まで現行XC90までのラインナップが御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。
ご検討のお客様は、是非ご相談下さいませ\(^o^)/

ONE'S VOLVO ESTATE SPECIAL SHOP
TEL:072−887−3311
FAX:072−887−3312
mail 
volvo@ones-jp.com

この記事のURL : http://8354.blogten.jp/539156.html
お問合せ   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

この記事へのトラックバックURL

http://car.blogten.jp/tbrv.asp?539156